自分でムダ毛処理は危険!美肌にかかせない脱毛エステ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己処理が与える肌へのダメージ

脱毛サロンに通うと時間もお金もかかる…。
でもムダ毛が生えているのは恥ずかしいからきちんと処理をしたい!
と自己処理をしているあなた。

自己処理による肌への影響をご存知ですか?健康で潤い、ツヤのある美肌を目指すには自己処理は危険です。
自己処理による、よくあるトラブルを知っておきましょう。

埋没毛(まいぼつもう)

別名「埋もれ毛・埋まり毛」とも呼ばれています。
症状として皮膚の表面に毛は出ませんが、毛の色が皮膚の中に見えるため、黒いポツポツが目立ってしまいます。

この症状は、皮膚の弾力が少ないワキやビキニラインに発生しやすくなっています。
放っておくと、色素沈着になる可能性もあります。

埋没毛になる原因

埋没毛を引き起こす原因として一番大きいのが、毛抜きでの自己処理です。
毛を無理に抜いてしまうと、皮膚の表面に穴が空いてしまいます。

その穴を傷と勘違いしてかさぶたができ、その影響で毛穴が塞がってしまい、毛がでてこなくなってしまいます。

色素沈着

紫外線のダメージから肌を守ってくれるのがメラニン色素です。
しかし、多くの刺激を受けることで、そのメラニン色素が働き、過剰に蓄積すると黒ずんで見えてしまいます。これが色素沈着です。

メラニンはシミや日焼けの原因ともされているので、肌にシミのような跡が出来てしまう可能性もあります。

色素沈着になる原因

色素沈着は、皮膚に与えられた刺激によってメラノサイトが過剰に分泌され、メラニン色素が表皮や真皮に沈着しておこるものです。
カミソリによってのムダ毛処理は、決まった部分の皮膚を慢性的にこすることになり、色素沈着してと言わんばかりの行為にあたります。

さらにカミソリは、肌表面の角質まで削り取ってしまうので皮膚の保護を一時的に失うことになり、よりダメージや摩擦を受けやすい状態をつくってしまうことも大きな原因になります。

あまりに色素沈着がひどいと、脱毛サロンに行ってもその部分は照射してもらえない場合もあるので、取り返しがつかなくならないよう色素沈着には細心の注意が必要です。

カミソリ負け

カミソリでムダ毛処理したあとの皮膚には目に見えての傷ばかりでなく、目には見えないような細かい傷がついてしまいます。
その傷が原因となって皮膚がヒリヒリとしたり、赤みができたり、かゆみや痛みといった症状が現れてしまうことを総称してカミソリ負けと呼びます。

さらに傷に細菌が入ってしまうと、赤く炎症を起こしてしまう場合もあり「毛包炎」や「尋常性毛瘡」と呼ばれる重度のカミソリ負けに発展してしまいます。

カミソリ負けの原因

脇毛は1日に約0.3mm伸びるとされています。
そんな脇毛の処理をするのに、カミソリは手軽で簡単にムダ毛処理できるアイテムです。ところが、手軽だからと頻繁にカミソリをあてて処理するのは、相当な皮膚へのダメージとなりカミソリ負けに。

特に毛の量が多い人は、同じ場所により強く負担をかけることになりカミソリ負けしやすくなります。
キレイに剃るためにカミソリの刃を毛の流れと反対に走らせる「逆剃り」も皮膚への負担が大きくカミソリ負けの原因に。
劣化して切れ味が悪くなったカミソリの刃も、皮膚へのダメージを増強するばかりでなく細菌による炎症を起こしやすくしてしまいます。

これらのカミソリ負けは敏感肌やアトピー性皮膚炎といった症状をもつ、肌質が弱い人ほど特に気を付けなければいけません。

炎症・乾燥

細菌の侵入を防ぐ役割をしている毛を無理に処理すると、毛穴に細菌が入り込んで炎症を起こしてしまいます。

これまで挙げてきた原因のように、カミソリや毛抜きでムダ毛を剃ったり抜いたりするということは、少なからず肌の表面を傷つけること。
肌を守る役割の毛が無くなり、肌があらわになることで乾燥を招きます。
乾燥は美肌の敵です。

表面がガサガサになって白っぽく見えてしまいます。
これではツヤや潤いも手に入りません。

絶対にこの炎症が起こる!というわけではありませんが、自己処理を続けることで肌トラブルを起こしやすい肌になってしまいます。

肌のことを考えたら、やっぱり脱毛エステ

美肌を維持してムダ毛を無くすには、なるべく肌を傷つけず、少ない回数で処理することが大切です。
それにはやっぱり脱毛エステがベストな選択。

ムダ毛の自己処理には終わりがなく、延々と皮膚に負担をかけ続けることになります。ダメージは蓄積されて、どんどん美肌から遠ざかることに。
肌トラブルによって手放してしまった美肌に後悔して、もう1度取り戻そうと努力しても容易ではありません。まず元通りにはならないと考えたほうがいいでしょう。

可愛いキャミソールを着ていても、手を振ったときに脇の下が黒ずんでいたりボツボツしていたら台無しです。
キャミソールに手を伸ばせなくなる前に、肌がまだキレイなうちにムダ毛知らずの肌にしてしまいましょう!

脱毛エステで処理をしていけば、個人差はあるもののムダ毛が生えてこなくなるまでの数回の処理=数回の皮膚への負担で済むことになります。
より皮膚への負担を少なくするための施術を行ってくれる脱毛エステが多く、保湿ケアやトリートメントなどのアフターケアも施してくれるサロンが増えてきました。

延々と続くムダ毛処理から解放されるだけでなく、通い始める前よりもキレイな肌になって終わることだってできるんです!
さらに脱毛エステは、医療機関で行う脱毛処理よりも価格が安くなっています。その料金の差はサロンにもよりますが、医療機関での脱毛処理にはアフターケアがほとんどなく、施術後の肌ケアは脱毛エステの大きなメリットといえるでしょう。

脱毛エステのメリット・デメリット

メリット

▼頻繁な処理は不要!いつでも自信をもった肌に!
▼1回の施術時間が短い!
▼肌に優しい施術方法!
▼脱毛だけでなく美肌も手に入る!

自己処理みたいに頻繁な処理は不要!

自分でムダ毛の処理をしていると、すぐに毛が生えてくるので頻繁に処理が必要ですよね。
それに油断して処理を怠っていると、急な用事にあたふたすることも。

しかし、脱毛エステなら毛周期に合わせての施術だから、頻繁に通う必要は無いのです。
年間を通して施術を行うので、年に数回通うだけで脱毛ができますよ。

それにムダ毛の心配もなくなるため、いつでも自信を持った自分でいられます。

1回の施術時間が短い!

一直線にしか当たらないレーザー脱毛の光とは違い、光脱毛の光は拡散するので広範囲を照射することができます。
背中や足などの大きなパーツでも一気に照射できるので、施術時間は短時間で済みます。

1番人気の両ワキ脱毛は範囲も狭く、個人差はありますが数回の照射で終わるので5分~10分程度の施術時間。
買い物や習い事のついででも気軽に施術しに寄ることができるので、レーザー脱毛より施術回数が多くてもストレスなく続けていくことが可能です。

肌に優しい施術方法

お肌にダメージの多い自己処理とは違い、脱毛エステでの施術は肌に優しく、綺麗に仕上がるので肌がダメージを受けることが無いのです。
昔はニードル脱毛と言って、毛穴に針を刺して行う施術方法だったのですが、痛みが強く断念してしまう人が多くいました。

ですが今は、光を使用した施術方法なので、痛みも感じずに快適に受けることが出来ます。
特にVラインなどデリケートゾーンの脱毛は脱毛サロンで行うことがいいでしょう。

レーザー脱毛

レーザー脱毛とは、レーザーによって毛根の組織を破壊してしまう方法です。医療機関でのみの施術方法となります。
レーザーという名称に不安を感じる人もいるかもしれませんが、脱毛用のレーザーは太陽光と同じ性質をもっている光の一種なので安心です。

光が黒いものに吸収されやすい性質を利用し、レーザーを照射することで黒い毛根を発熱させ、その余波で周囲の発毛組織を破壊する効果があります。
わずか0.1~0.5秒の照射で、毛根が破壊された毛穴からは体毛が生えなくなります。

光脱毛

光脱毛も、レーザー脱毛と基本的な仕組みは同じですが、光の出力や波長が違っています。
おもにエステサロンなどで扱っている施術方法はこの光脱毛。医療機関で扱っているレーザー脱毛よりも低出力になっていて、メラニン色素に反応させて毛根を破壊していく仕組みになっています。

そのため、効果を得るための施術回数はレーザー脱毛よりも多くなりますが、メラニン色素に反応させる光はレーザー脱毛よりも事故率は極めて低い施術方法です。

ワキやVラインといった毛が濃い部分(メラニン色素がはっきりした部分)が比較的効果が出やすく、少ない施術回数で体毛が生えてこなくなっていきます。

脱毛だけでなく美肌も手に入れられる

脱毛サロンなら、エステならではの工夫がたくさんあります。
そもそもエステは女性をより美しくするための場所。せっかくムダ毛が生えてこなくなっても、肌の美しさそのものを失ってしまってはエステに通った意味がなくなってしまいますから、その点に力を入れているサロンがほとんどといえます。

もともと光脱毛はレーザー脱毛よりも肌への負担が大幅に少なく、照射時間も短いので肌トラブルの可能性が非常に少なくなっています。
それに加え、美肌効果を狙っての美容成分を施術のときに使用してくれるサロンが増えてきました。
女性が求める、ムダ毛のないツルツル美肌を手に入れたいなら、肌の状態を整えながら脱毛していく脱毛エステが1番の近道といえます。

デメリット

▼予約が取りにくい
▼全て終了するのに期間がかかる

予約が取りにくい

人気の脱毛エステの難点は予約が取りにくいということです。せっかく綺麗になってきたのに、予約が取れないと元に戻ってしまうのではないかと不安になる人、全然通うことが出来なくて、あきらめてしまう人もいます。

ですが、店舗移動が可能な脱毛エステもあるので、そのようなサロンを選ぶことで予約の取れない悩みを解消することができます。

全て終了するのに期間がかかる

一時的な効果を得るためのもので、永久脱毛と呼ぶことはできません。
ただし毛根を死滅させていく効果があるので、生えてこなくなる人もいれば、生えてきても産毛程度だったりと、施術前のような体毛が生えてくることはありません。

効果を得るまでの施術回数が多く必要となるため、施術を終了させるまでの期間が長くなります。

今ドキの脱毛事情

自己処理を行っている人のなかには、脱毛サロンは行きづらいというイメージや、ムダ毛がコンプレックスでサロンに通っていることを周りに知られたくないという人も多いはずです。

ですが、調査をすると今の時代は脱毛の選択として一番多いのがサロンでの脱毛です。
中には小学生から通っていた人もいるのです。

そのため、今女性の間で脱毛は、脱毛サロンに行くということがメジャーになっています。
サロンというと勧誘が多いと思われがちですが、今は無理な勧誘を行うサロンはめったにないので、心配はいりません。

ムダ毛処理に悩んでいる人は、口コミを参考に人気のサロンを探してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。