永久脱毛と普通の脱毛との違いって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

永久脱毛って本当にずっと生えてこないの?

永久脱毛と言ってもホルモンの関係で生えてくる可能性があります。
いいえ。永久脱毛と聞くと「一生毛が生えてこない状態」だとイメージしがちですが、「永久脱毛=生涯毛が一本も生えてこない状態」ということではありません。
脱毛の回数を重ねることで永久脱毛になると勘違いをし、「永久脱毛」という言葉を使っている人はたくさんいます。
「永久脱毛」と「普通の脱毛」の違いを把握しましょう。

そもそも永久脱毛の定義とは?

米国電気脱毛協会

永久脱毛の定義…最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法

日本スキン・エステティック協会とも提携を結んでいる米国電気脱毛協会。
アメリカ最大の電気脱毛士団体です。再生率が20%以下というと少々難しい基準ですね。

アメリカ合衆国食品医薬品局(FDA)

永久脱毛の定義…レーザーを3回照射後6ヵ月経過した時点で67%以上の毛が減っている

※FDAの定義に基づいて「FDAが認定する永久脱毛」と表示をするレーザー脱毛機器の医療機関やメーカーがあります。

いかがでしょうか?
普段みなさんがイメージだけで使っている「永久脱毛」と、定義として定められている「永久脱毛」は全然違う意味合いですね。

永久脱毛と言いきってもいい脱毛方法は?

ニードル脱毛(電気針脱毛)

FDAの中では永久脱毛が実現できるのはニードル脱毛だけと定めています。
ニードル脱毛とは、毛穴1つ1つに対して針を差し込み、そこに電流を流して毛根を消滅させるという方法です。
聞くだけでも痛そうですよね。実際はかなりの痛みを伴う脱毛方法です。
ほんの15~20年前はニードル脱毛が主流であり、あの叶姉妹の恭子さんもニードル脱毛でムダ毛の処理をしたそうです。

ニードル脱毛のメリット

  • フラッシュ脱毛ではできない箇所も施術可能(ほくろ、バストトップ周囲、色素沈着箇所)
  • 資格をもったエステティシャンのみができる施術方法だから安心

ニードル脱毛のデメリット

  • 毛の1本1本に対しての施術なので時間がかかる
  • ものすごく痛い
  • 単価が高い(両脇…20~40万(毛量によって上下する))

※ニードル脱毛は皮膚科や美容外科でおこなっている場合が多いですが、エステサロンでもニードル脱毛を行っているところもあります。
例:エステティックTBC、ミスパリ

普通の脱毛(=半永久脱毛)とはどんな種類の脱毛のこと?

レーザー脱毛

黒い色に反応するレーザーの光を皮膚に当て、毛根や毛の組織周辺にダメージを当てることで脱毛効果をもたらす方法をレーザー脱毛と言います。
光の温度は65℃前後と肌に熱さを感じるほど。施術を気をつけないと肌トラブルのもととなります。

医療のレーザー脱毛の特徴

医師の診察、診断のもとでおこなう脱毛なので様々な面で安心して施術することができます。
ひとりひとりの肌の質に合わせてカウンセリングやケアを行っているので不安なく施術を進めることができる方法です。

  • 個人個人の毛や肌に合わせて、より強い光でレーザー脱毛を行うことができる
  • 痛みは強い
  • 脱毛後に皮膚科軟膏剤をもらえる
  • 万が一肌トラブルが起こったら病院側で治療してくれる
  • 少ない回数で脱毛を完了することができる
  • 料金はお高め
医療レーザー脱毛ができる医療機関

・湘南美容外科
・アリシアクリニック
・フェミークリニック
・ドクター松井クリニック
各脱毛クリニックで、初月が0円だったり、1部位無制限で通えるキャンペーンを行っているので医療脱毛に興味のある方はクリニックに足を運んでカウンセリングを受けてみてください。

エステのレーザー脱毛の特徴

  • 医療に比べたら出力が弱い
  • 医療レーザーよりも通う回数が増える
  • 長期間の通いが必要

医療レーザーと違い、出力が弱いため、痛みは医療レーザーよりも軽減されますが、その分通わなければならないエステのレーザー脱毛。
エステでは光脱毛と呼ばれる施術方法が多いですが、マシンの仕組みは同じ。出力の強さが大きな違いです。

フラッシュ脱毛(光脱毛)

レーザー脱毛の光をだいぶ弱くしたものがフラッシュ脱毛。
フラッシュ脱毛の中でもさまざまな種類があり光の強さも変わってきます。

S.S.C脱毛

フラッシュ脱毛の中でも最も肌にやさしく刺激が少ない光。クリプトンライトという光を使用し、抑毛効果のあるジェルと一緒に使用するサロンが多いです。
敏感肌やアトピー肌ではない方にとっては痛みはほとんど感じない脱毛方法です。

★採用している脱毛エステサロン
・ミュゼプラチナム
・脱毛ラボ

IPL脱毛

S.S.C脱毛よりも光が強く、この光を毛根のメラニン色素に当てることで毛が抜けるという脱毛方法です。過度な日焼けをしている場合には施術を断られることがあります。

★採用している脱毛エステサロン
・エタラビ
・銀座カラー

ハイパースキン脱毛

S.S.C脱毛やIPL脱毛は今生えている毛に対してアプローチをする脱毛ですが、ハイパースキン脱毛は毛の種に光をあて、種ごと消してしまうというもの。
光の熱も38℃程度のため熱さや痛みが全くない脱毛方法。そのため3歳の子供からOK、敏感肌&アトピー肌もOKの脱毛方法。

★採用している脱毛エステサロン
・ディオーネ

永久脱毛と普通の脱毛の違いは?

永久脱毛

脱毛効果/毛の再生率が低い、その場で効果がわかる
脱毛完了(回数)/ワキで5~6回

普通の脱毛

脱毛効果/施術2週間後にポロポロと毛が抜け落ちる
脱毛完了(回数)/ワキで12~18回

自己処理に求めるレベルはどれくらいですか?

全身の毛を1本残らず処理したい!と言うのではなく、
「ちょっと自己処理が楽になるくらいでいい」
「ほとんど自己処理が必要ないレベルがいい」
ということであればフラッシュ脱毛がおすすめ!

無理にニードル脱毛やレーザー脱毛で痛みを我慢して脱毛をするよりも、スタートしやすいのはフラッシュ脱毛。回数を重ねて時々生えてきても薄い抜けやすい毛であれば自己処理も比べ物にならないくらいラクになりますよ!

痛みを我慢せずにできる普通脱毛は「脱毛ラボ」がおすすめ!

  • ほとんど痛みをかんじない
  • 抑毛ジェルを使った安心の脱毛方法
  • 全身脱毛専門サロンの中でも低単価が実現!
  • 全国に店舗があるから通いやすい!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。