夏に間に合わせたい!脱毛を始める最適な時期はいつ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「暖かくなってもうすぐ薄着の季節。脱毛サロンに通おうかな~」と、季節の変わり目で脱毛サロンの契約を検討する、なんてことありませんか?

実際は夏前くらいから脱毛サロンに通う女性が増えています。ただ、脱毛って本当に夏前に始めるのが正解?それとももう少し早くから始めた方がいいの?

そんな疑問を解決すべく、脱毛を始めるべき時期を説明していきます。

脱毛を始めるのに良い時期とは?

ずばり、始めるのは秋から冬にかけてがベストです。

脱毛は1回行って終わりではありません。脱毛期間として1年以上通う必要があります。そうなると夏に間に合わせるには、その前の年の秋~冬に施術を開始する必要があります。

また、脱毛サロンの繁忙期は、6月~7月です。この繁忙期には、人が殺到するため予約が取りにくくなってしまいます。

通っている人が多くない秋から冬に通い出すのが良いでしょう。

毛周期って知ってる?脱毛が1回で完了しない理由

脱毛サロンでは、同じ部位を施術するには1~2ヶ月開けなければなりません。その理由として、脱毛は毛周期が関係してくるからです。

毛周期には全部で5種類あるので、まずは毛周期について詳しくなりましょう。毛周期とは毛の生え変わりのサイクルのことです。
毛は、生えて→伸びて→抜けおちる。というサイクルを繰り返しています。

なので、一度毛を抜いても再び毛が生えてきて元通りになってしまうのです。身体の部位によって毛の長さや固さが異なるのは実感されていると思いますが、実は部位によって毛周期が異なり、生え変わりのサイクルが異なっているのです。

成長初期

毛が生え始める時期です。毛が、皮膚の中でまさにこれから成長しようと毛母細胞の分裂が始まり、毛球が作られます。毛の根元のへこんだ所に毛乳頭という毛の司令塔の役割をしている部位があります。

毛乳頭は、つながっている毛細血管から運ばれてくる栄養素や酸素を取り入れて毛母細胞に受け渡し、これを受けてどんどん毛が成長していきます。

成長期

毛が成長する時期です。毛細血管からの栄養が毛母細胞に送られていき、栄養を取り込みながら次第に毛球が大きく、太く成長していきます。この時期の毛は毛幹と呼ばれます。

また、成長期は黒い色素であるメラニンが多く含まれる時期であり、脱毛に効果的な時期といえるでしょう。

成長後期

成長後期もまだ毛は成長を続けます。この頃の毛は皮下組織にまで到達し、毛根と呼ばれます。

毛乳頭から栄養を受け、毛が成長していくことは変わりありませんが、成長後期では成長期よりも毛の生えるスピードが衰え始めます。
更に、この頃になると脱毛の効果は弱くなってきます。

退行期

退行期になると毛母細胞の分裂が止まり始めます。すると、毛の成長が止まり、毛の長さが変化しなくなります。

そして、毛乳頭と毛根との結合が弱くなり、毛の成長の源となっていた毛細血管からの栄養が行き届かなくなるので、自然と毛が抜け落ち始めます。

この頃の状態の毛に脱毛をしても脱毛効果は期待できません。

休止期

退行期の後には休止期がきます。毛乳頭と毛根が完全に離れ、毛母細胞の分裂も止まり、毛が抜け落ちます。

休止期の状態では毛乳頭は皮膚の中で休み始めます。毛の成長から抜け落ちるまでのサイクルが終わり、この後再び新しい毛が生え、成長し、抜け落ちるという生え変わりが行われるので、まさに毛のお休みの時期といえるでしょう。

サロンに通う時期の3つのポイント

①いつまでに脱毛したいかはっきりさせよう!

脱毛は、1回行けば終わりではありません。

最低でも1年以上通わなければ、自己処理が必要のない、ツルツル肌を手に入れることはできません。(※ただし効果には個人差があります。)

そのため、今キレイになりたいから通い始める!ではなく、いつまでにキレイな状態になりたいかということを決めます。そうしたら、逆算していつに行けばいいかということを考えます。

脱毛は時間がかかるということを頭に入れておきましょう。

②キャンペーンをやっているかチェック!

脱毛サロンでは、よくキャンペーンを行っています。初めての人対象のものが特に多いですね。

そのキャンペーンも期間限定ということもあるので、通うと決めたらまずは、キャンペーンをやっているかの確認をしましょう!

人が集まりにくい秋冬がキャンペーンが増える期間。この時期を狙うのがポイントです。是非キャンペーンを利用して、お得に通いましょう。

③予約はきちんと取れるのか確認!

脱毛サロンに通っている人が多いと、どうしても予約が取りにくくなってしまいます。せっかくいつまでに脱毛完了する!と決めていても、予約が取れなければ、意味ないですね。

脱毛サロンの繁忙期はいつなのか、いつでも予約が取りやすい環境なのかということを事前にしっかり確認しておきましょう!

紫外線が少ない時期がチャンス!

脱毛前、脱毛後で気をつけなければならないことがあるのは知っていますか?

お手入れ前後12時間はアルコールを摂取してはいけない、お手入れ前日・お手入れ後の運動は避けること、日焼けや乾燥対策をしっかりすること、お手入れ後2.3日は温泉・プールを避けることなど他にもたくさんあります。

大きな理由は、脱毛後は肌が敏感になっているからです。その中でも、季節関係なく降り注いでいる紫外線は、特に要注意です。

基本的に施術後の肌には、何も塗らないようにしなければなりません。

紫外線の強い時期は、日焼け止めを塗ったりしたいですよね。そのためにも、紫外線の弱い冬に施術を始めることで、施術後に日焼け止めを塗る必要がない状態にしましょう。

脱毛スタートさせるのはやはり、秋冬がオススメです。

また、脱毛前後のアルコールがNGなのは、お酒を飲むと血行が良くなり体温上昇するからです。脱毛前後に血行が良くなると、かゆみや肌トラブルの原因になります。お手入れ前後12時間はアルコール摂取を控えましょう。

脱毛したいと思った時!それがあなたにとって最適な時期!

夏までに脱毛したいのであれば、前の年の秋冬から始めるのがいいということを紹介しましたが、それはあくまでもたとえに過ぎません。

本来の最適な時期というのは、脱毛したい!サロンに通いたい!と思ったそのときなのです。サロンによっては予約が取りづらい場合もあるので、予約システムを事前に調べておきましょう。

脱毛をするべきではない時期

健康体の方であれば脱毛に関して特に注意する点はないのですが、以下の3点に当てはまる場合は脱毛を避けたほうがいい時期です。

あとから肌トラブル等が起こっても、ほとんどのサロンが「自己責任」という説明をするので、心配であればかかりつけのお医者さんに聞いてから施術をしましょう。

薬を服薬中の時

薬によっては、光脱毛やレーザー脱毛の照射によって副作用がでるものもあります。
どんな薬でも服用しているものがある場合は、事前のカウンセリングで伝えましょう。
うそついて施術してもらうと、トラブルの原因になります。
施術日は薬を飲まないようにしましょう。
または、かかりつけの医師の聞いてみても良いでしょう。

生理中・妊娠中の時

脱毛サロンでは、妊娠中の施術は行っていないところがほとんどです。生理中はサロンによって行われるか異なります。VIOラインは行っているところはほとんどないようです。
妊娠中は肌が敏感になっています。またホルモンバランスが変化しやすいので何が起こるか分かりません。
母体と赤ちゃんの為に、施術を行っていないようです。
生理中は衛生面の問題と同時に、肌の状態が不安定になります。
いつもは痛みを感じないのに、ものすごい痛みを感じることや、気分が悪くなる場合もあります。
肌荒れも引き起こしやすくなるので、生理中の脱毛はおすすめしません。
万が一予約していた日に生理が来てしまったときは、サロンに事情を話して変更してもらいましょう。

体調不良の時

生理中や妊娠中と同じように、肌が敏感になります。
風邪気味だけでなく、睡眠不足も同じです。
施術前日はしっかり睡眠をとるようにしましょう。
また、サロンに通っているときは健康管理もしっかりして、体調不良による予約変更はないようにしましょう。

夏までにキレイな肌にするためには秋冬からのスタートがベスト!

毛周期や紫外線による肌トラブル、予約の取りにくさなどにより、脱毛シーズンは夏前ではなく、その前の秋冬なのです!
知っている人がまだまだ少ないので夏前に予約が殺到してしまって予約がとりにくくなるんですよね(苦笑)
正しい知識で、かしこく通い、いち早くキレイな肌を手に入れましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。