ミュゼの全身脱毛<料金・口コミ・金額・回数>をチェックしてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛デビューするなら、格安キャンペーンのミュゼプラチナム

トリンドル玲奈やラブリのCMでも有名で、女子が選んだNo.1美容脱毛専門サロンのミュゼ。
脇脱毛が無制限で通えて、なおかつワンコイン以下というリーズナブルさが人気です。
脱毛初心者であるならば、まずはミュゼのキャンペーンから行くのがオススメ!
そんなミュゼなのですが、全身脱毛の場合はどうなんでしょうか?
料金や回数はもちろん、サロンのメリット・デメリットもぜんぶひっくるめてチェックしてみました!!

ミュゼプラチナムのサロン紹介

全身脱毛金額(税込) 252,000円
全身脱毛回数 6回
含まない部位 顔、うなじ
支払い方法 クレジットのみ分割可能
光脱毛の方法 S.S.C脱毛
施設環境 カーテン間仕切り・個室
途中解約・返金保証 途中解約可能・返金システム有
勧誘の有無 なし
今月のキャンペーン情報 >>詳細はこちら

ミュゼ全身脱毛の料金と回数

ミュゼの全身脱毛料金(顔・うなじ無し)
回数 4回 6回 12回
料金(税抜き) 168,000円 252,000円 504,000円

ミュゼの全身美容脱毛コースの料金になります。基本的にVIOなどのデリケートゾーンも含めて、体は全身はいってます。
しかし注意しないといけないのは、顔とうなじ(襟足)は含まれていません。(※12回以上の契約の場合はうなじも含まれます。)

それでは顔・うなじ(襟足)も含めた金額の場合も見てみましょう。

ミュゼの全身脱毛料金(顔・うなじ含める)
回数 4回 6回 12回
料金(税抜き) 204,000円 306,000円 576,000円

12回以上のコースになると、うなじ(襟足)の脱毛もついてくるので、36,000円分割安になります。

今(2015年9月)だと「まとめて割」のキャンペーンがありますので、顔・うなじまで含めた脱毛はもっとお得にすることができます。
詳しい料金については、無料のカウンセリングで聞けるのでチェックしてみてください。

やっぱりミュゼの全身脱毛は高い!??

こうして料金を出してみると、やっぱりミュゼの全身脱毛は高いです。それでも当サイトからも多数のお申込みがあるのは、ミュゼの全身脱毛にそれだけの魅力があるから。それではミュゼのメリット・デメリットをチェックしていきましょう!!

ミュゼの全身美容脱毛コースのメリット・デメリット

メリット

  • 両脇+Vラインの美容脱毛完了コースが無料
  • 1度の来店で全部位を脱毛可能
  • 剃り残しのシェービングが無料
  • 24時間いつでもWEB予約
  • キャンセル料が無料
  • 生理中でも脱毛が可能
  • 最新S.S.C方式の脱毛を採用
  • 途中解約した分は全額返金
  • 全国に店舗がたくさん
  • 店内がキレイで居心地バツグン

デメリット

  • 顔とうなじ(襟足)が対象外
  • 予約が取りにくい
  • 料金が安くない
  • ショッピングローンができない

それではミュゼの全身脱毛をするメリット・デメリットをそれぞれ詳しくみていきましょう。

ミュゼのメリット詳細

両脇+Vラインの美容脱毛完了コースが無料

ミュゼで4回以上の全身脱毛コースを申し込むと、無料で両脇+Vラインの脱毛完了コースが無料でプレゼントされます。

毛質も太くて多い脇とVラインは、自己処理していると黒ずみや埋没毛などで汚くなりやすい部位。
それを無料で何度でも美容脱毛できるのはめちゃくちゃお得です!

1度の来店で全部位を脱毛可能

全身脱毛の際、サロンによっては複数回に分けて施術するところが多いですが、ミュゼでは1度に全部位をお手入れしてくれます。
1回の施術で3時間くらいはかかってしまいますが、月に何度も通うよりも大きな時間の節約になります。
さらに、高速美容脱毛器(ミュゼエクスプレス)の導入が進んでいて、年内(2015年)には全店舗導入予定。完了すれば、お手入れの時間も短縮されます。

剃り残しのシェービングが無料

ミュゼでは襟足・背中の上下・ヒップ奥(Oライン)といった、自分で処理するのが大変な部位に関しては、剃り残しがあっても無料でシェービングしてくれます。

ただし、それ以外の部位は当日または前日に、カミソリ、もしくは電気シェーバーで脱毛箇所のムダ毛処理をする必要があります。剃り残した箇所はお手入れしてくれないので注意が必要です。

24時間いつでもWEB予約

ミュゼ・プラチナムには、24時間いつでも予約やキャンセルができる会員専用のサイトがあります。深夜でも気が向いたタイミングで予約できるのは嬉しいですね。
年中無休のコールセンター(0120-965-489 ※受付時間は10:00~19:00になります。)からの予約や、施術した後その場で次の予約をとることも可能です。

キャンセル料が無料

多くの脱毛サロンでは当日キャンセルするとペナルティが発生します。
ペナルティの内容はサロン毎に違いますが、大体キャンセル料(1000円~)か施術1回分消化扱いが多いです。

でもミュゼはペナルティが一切なし。チェーン展開している脱毛サロンの中ではミュゼだけです。
そのせいで、当日キャンセルする人も多いのですが、その分キャンセル待ち(※後述)が結構でるので意外と便利だったりします。
ただし、当キャンはお店に迷惑をかけてしまいますので、マナーとしてはできる限りやめたいですね。

生理中でも脱毛が可能

ミュゼプラチナムは生理中でも脱毛が可能です。(Vライン・IPライン・ヒップ奥・トライアングル上下以外)
「予定よりはやく生理になっちゃった…」なんて時でも施術してもらえます。しかもその時できなかったVIOは別の日に振替で脱毛できるので、一切損はしません。

最新S.S.C方式の脱毛を採用

ミュゼの脱毛方法はS.S.C.方式(Smooth Skin Control方式)を採用しています。これは簡単にいうと「ダメージも痛みもほとんどゼロの脱毛」です。
従来の多くの脱毛サロンで使われているIPL方式の脱毛では、光の熱によって毛根に直接ダメージを与えて、毛が生えてこないようにしています。
この方法では、照射時にゴムで弾いた程度の痛みがあり、人によっては肌にダメージを負ってしまうことも。

S.S.C方式では、脱毛専用に開発された専用ジェルを塗り、そこに特殊ライトを照射します。
光はジェルのみに反応するので、熱の発生も少なくお肌へのダメージも最小限に抑えることが可能です。

美肌効果も期待できるビーンズジェル

ミュゼでは、青いビーンズがちりばめられた特殊なジェルを使用しています。
この青い粒子・トレジャービーンズには、制毛成分である植物由来のフィリニーブをはじめ、鎮静や保湿成分が配合されています。
お肌表面の皮膚を柔らかくし、美肌効果も期待できます。

エステにありがちな勧誘が一切なし

エステと言えば「勧誘がひどい」というイメージがありますが、ミュゼでは一切の勧誘がありません。

社長の高橋仁さんが書いている「すべては女性のキレイのために」という本の中にもあるのですが、ミュゼのスタッフはノルマや歩合というものを設けていないのだとか。
ミュゼは接客レベルも高いのですが、それは「お客様に満足してもらう」というサービスに集中できるからこそですね。

途中解約した分は全額返金

ミュゼの返金制度は2種類あります。

全額返金保証

これは両脇・Vライン脱毛完了コースのみ、契約から1年の間での解約であれば全額返金してくれます。
ただ、料金が数百円程度のキャンペーンが多いので、実際に返金をした人がいるかどうかは気になりますね(笑)

解約時返金保証

最後にお店に行った日から2年以内に、全部の支払額から消化した回数分の施術代金を差し引いた金額を返金してくれます。
返金にはお手入れ1回分の手数料を取るサロンもある中で、ミュゼプラチナムでかかるのは振込手数料だけ。
全身美容脱毛コースなどの高額な場合や、予定していた脱毛回数よりも早く満足できた場合を考えると、安心して契約できますね。

全国に店舗がたくさん

ミュゼは全国に190店舗あります。これは脱毛専門サロンの中では群を抜いて多い数です。(※2位のディオーネの2倍以上!)
さらに、ミュゼでは店舗間の移動が自由にできます。
業界3位の脱毛ラボは移動するのに手数料1,000円かかるし、2位のディオーネはほとんどフランチャイズなので、店舗間の移動が難しいです(それぞれの店舗に確認が必要)。

ミュゼのデメリット詳細

顔とうなじ(襟足)が対象外

実は全身脱毛コースに顔が含まれているサロンは多くありません。代表的なサロンで言うと、脱毛ラボとキレイモくらいです。
ミュゼは顔の他に、うなじ(襟足)も対象外になっているので、全部やりたい場合はオプションで追加する必要があります。(※全身美容脱毛コース12回以上であれば襟足は含まれます。)
ただし、顔をオプションで追加するとしても、おでこと顎しかないので、顔の産毛やムダ毛をしっかりと脱毛したい人は別のサロンを検討した方がいいです。

予約が取りにくい

ミュゼといえば「予約が取りにくい」という代名詞になるほど(苦笑)。
しかし、裏を返せばそれだけミュゼが人気あるということ。

ミュゼは店舗の移動が自由にできるので、あんまり予約が取れない時はちょっと離れた別の店舗へ行くこともできます。
また、キャンセル料が無料でドタキャンも多いので、スマホアプリを使ってキャンセル待ちしてると結構取れたりします。

料金が安くない

ミュゼの全身美容脱毛コースは安くないです。6回で他の大手サロンと比べてみても、その差ははっきりしています。(※すべて税抜き表記)

ミュゼ キレイモ 銀座カラー エタラビ 脱毛ラボ シースリー
252,000円 114,000円 99,000円 171,000円 119,760円 87,963円

ただ、安いサロンにしても、シースリーはIライン・Oラインか顔のどちらかが含まれず、銀座カラーは顔が含まれません。
もし金額を一番重視するならミュゼはやめて、顔も含んだ全身脱毛ができる脱毛ラボかキレイモがおすすめです。

ショッピングローンができない

ミュゼでは信販会社によるショッピングローンがありません。もし分割払いをしたい場合は、クレジットカードの分割払い・リボ払いを利用しなければなりません。
例えば、252,000円(税別)の全身脱毛コースをMUFJカードで分割払いした場合、以下のような金利手数料がかかります。

支払い回数 3回 6回 10回 15回
手数料率 12.25% 13.75% 14.50% 15.00%
金利総額 5,552円 11,104円 18,507円 27,760円

※店舗によって使えるクレジットカードの種類が異なるので、事前に店舗(または商業施設)への問合せてみてください。(例:ミュゼ渋谷cocoti店ではVISAが最大24回、JCBは一括のみ)

全身脱毛で分割支払いをしたいなら、分割払いにしても金利がかからない銀座カラーや、月額制の脱毛ラボ・キレイモなど、別のサロンを検討してみてもいいかもしれません。

結局、ミュゼで全身脱毛するべき?

結論として、全身脱毛を値段重視で選ぶなら、他のサロンがおすすめです。
しかし、値段以外の部分(サービスレベルの高さや店舗のキレイさ、予約アプリなどの使い勝手、店舗数の多さ)を考えると、ミュゼは十分にオススメできる脱毛サロンです。

予約が取りにくいことについても、アプリなどを利用してキャンセル待ちや、店舗の移動、混んでる土日を避けて平日の昼間に通えるなどであれば、ほとんど気にする必要はありません。

まずはキャンペーンから試して見るのが一番

実際にミュゼで全身美容脱毛コースを契約している人はどんな人かというと、「まずはキャンペーンでミュゼに通ってみて、スタッフの対応やサービス、予約の状況など、問題なく満足できたから」という方です。
また、全身脱毛ではなく、Lパーツ、Sパーツといった部位脱毛で通っている方も多数います。全身脱毛は割高なミュゼですが、部位ごとのパーツ脱毛では他のサロンよりも安い場合が多いです。

VIO(ハイジニーナ)脱毛6回

ミュゼ TBC 銀座カラー ディオーネ
47,880円
※両脇+Vライン付
45,800円 78,000円 120,000円

ひざ下脱毛6回

ミュゼ 銀座カラー 脱毛ラボ ディオーネ
23,940円
※ひざも含む
26,000円 35,878円 42,000円
※ひざも含む

背中(上または下)脱毛6回

ミュゼ ジェイエステ 銀座カラー ディオーネ
21,067円 23,400円 26,000円 36,000円

まずは格安のキャンペーンからお試し

実際に通ってみないとわからないことばかりなので、ミュゼを検討されている方は初回限定のキャンペーンを利用しましょう。
月ごとに詳細は変わりますが、常に共通しているのは無期限・回数無制限で受けられる美容脱毛完了コースが、たったの数百円という格安キャンペーン。
例え1回しかいかないとしても、十分にお得なので、まだの方はぜひ体験してみてください。

ミュゼ全身脱毛の気になる質問

ミュゼの全身脱毛4回でキレイになりますか?

結論から言うと、4回ではツルツルにはなりません。まだまだムダ毛の自己処理をしないといけないレベルです。でもそれはミュゼに限らず、脱毛エステではどこも同じです。
お手入れがいらなくなる回数としては、一般的には12~25回位の人が多いです。
それでは全身脱毛4回やっても意味が無いかというと、自己処理は必要なレベルといえども、毛量は確実に減っています。
もし完全に脱毛完了させたいのであれば、毛周期のことも考えてトータル2~3年は脱毛サロンに通う必要があります。

ミュゼで全身の永久脱毛はできる?

ミュゼに限らず、エステで永久脱毛はできません。そもそも医療機関でないエステでは、毛根を破壊する行為は禁止されています。しかし、回数を重ねることで、永久脱毛と同じくらいの効果を得ることができます。

産毛って脱毛する必要ある?

特に顔は、産毛処理をするだけでお肌の色がワントーンアップし、化粧ノリも良くなり、毛穴がどんどんと小さくなっていいことばかり!
またうなじ(襟足)も、髪の毛をアップした時の後ろ姿がとてもキレイになります。
ただし、産毛のような細い毛は脱毛に時間がかかります。というのも光脱毛は黒い毛に反応するので、細くて薄い毛で効果を実感するには回数が必要です。

特に顔の場合は、ミュゼではおでこと顎しかできません。できれば頬や鼻下、もみあげなど、全体をやるのが望ましいので、顔全体を産毛も含めてキレイにしたいならば、ディオーネの顔脱毛がオススメです。

デリケートゾーンの脱毛って全部?形は指定できる?

ミュゼでは、あらかじめ自分の希望する形にシェービングなどで処理をしていけば、その形にあわせて照射してくれます。
しかしVのラインやトライアングル上下などは毛が太くて濃い部分なので、最初の数回は全部剃って光を当てて、まずは毛
量を減らすのがオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。