脱毛サロンへ行く前に必ずチェックすべき5つの項目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

急に予定がキャンセルになって、運よく脱毛サロンの予約も取れた!ラッキー!と思ったアナタ、喜ぶのはまだ早いですよ。脱毛サロンに行くには、それなりの準備が必要なんです。

今回は、脱毛をする前に確認したい5つのポイントをご紹介します。脱毛は少なからずお肌にダメージを加える行為なので、施術を受けられる状態かきちんとチェックしてからサロンに出かけるようにしましょう。

脱毛サロンに行く前のチェックポイント5つ

① 肌荒れしていないか
② 当日薬を飲んでいないか
③ 体調は悪くないか
④ 当日、クリームやローションなど塗っていないか
⑤ 脱毛部位のシェービングはしたか

①肌荒れしていないか

肌荒れとは、キズやケガ、日焼け、ニキビ等がある状態です。

サロン脱毛は、施術する事によってお肌が軽いヤケド状態になります。そのため、当日はお化粧NGで、1週間~1ヵ月間(サロンによって異なる)は新たな施術や日焼け、自己処理等もしないように注意されます。

ですから、肌荒れ状態で施術すると更にダメージを与え、悪化する可能性が高いので施術が出来ないのです。

特に、施術前の自己処理は1番注意したいところ。サロンで2、3日前の自己処理を勧められるのは、光脱毛に適した1~3ミリの毛の状態にするためですが、もしカミソリ負けしても当日までに治る事を見越した設定でもあるのです。

②当日薬を飲んでいないか

服薬に関してもルールがあります。
たとえば、6時間空ければOKの所もあれば、48時間NGの所もあり、それはサロンによって様々です。

主に注意が必要な薬は、下記の通りです。

・風邪薬…抗生物質等
・花粉症の薬・鼻炎薬…抗ヒスタミン剤等
・鬱の薬・安定剤…抗不安薬・三環抗鬱剤等

あとは、血流に関する血圧の薬や何らかの予防接種もNGとされています。

上記の薬は光感受性を高める作用があります。

影響があるのは紫外線を含む光だけで、紫外線を含まない脱毛サロンの光は大丈夫という説もありますが、脱毛サロンは医療機関ではありません。
何かトラブルがあった時の対応が迅速に出来ない為に、不安要素があると施術自体を断られてしまうのです。

低用量ピルは服用中に脱毛すると効果が表れにくいと言われておりますが、ピルは脱毛に影響を及ぼしません。しかしピルの服用でホルモンバランスが変化し、毛量が変わることがあります。

それで効果が薄くなることを心配してお断りするサロンも稀にあるようです。施術OKのサロンは多数あるので探してみましょう。

③体調は悪くないか

睡眠不足、生理中など、体調が万全でない時は肌が敏感になっていてトラブルを起こしやすくなります。
脱毛サロンの光は「外部刺激」でもあるので、ニキビ・赤み・炎症を引き起こしてしまう事は充分に考えられます。できるだけ、健康なお肌の状態で臨むのがいいでしょう。

また、施術後のお肌は熱を持っており、目には見えなくてもダメージを負っています。

通常なら、半月~1ヵ月かけて熱が抜けるに従ってダメージも回復するのですが、体調が悪い時は回復力が無いので余計なトラブルを引き起こし、病院に行くほどひどくなる場合もあります。
そうならないように、体調不良の場合は隠さずにきちんと相談しましょう。

④当日、クリームやローションなど塗っていないか

施術当日はお化粧をしないでお越しくださいと、言われることも多いですよね?当然、クリームやローション、日焼け止めもNGです。
これらの理由は、とっても単純。光脱毛は「毛穴の中にある毛根に、光によって刺激をあたえて発毛を抑制する」仕組みなので、クリーム等で毛穴が詰まっていると光が届きません。脱毛の光を照射しても、全く無意味になってしまいます。

しかし、紫外線ギラギラの真夏に脱毛サロンへ通う事になったり、事前に人に会ったりと、どうしてもケアやメイクが必要な事があります。
その際は、クレンジングが必要なフルメイクではなく、お湯で落とせる日焼け止めやミネラルファンデ等がオススメ。これならサロンで落とせますし、問題はありませんね。

⑤脱毛部位のシェービングはしたか

サロンに行く前に、自己処理は終わっていますか?剃り残しのチェックは済みましたか?
自己処理の方法ですが、いちばんのオススメは電気シェーバー。お肌自体にダメージを与えず、安全なので見えにくい部位でも使えるのが嬉しいですね。

電気量販店などに行くと3,000円ぐらいからあり、サロンで専売品が売っていることもあります。全身脱毛は短期間で終わる訳では無いので、買っても損はありません。
一方、薬局で数百円で購入できるカミソリは、人によってはカミソリ負けしてしまったり、深剃りやキズ等のリスクがあります。

また、目には見えなくてもお肌にダメージを与えることが多いので、使う際は充分に注意して下さいね。

自己責任でトラブルのない脱毛を

以上、おわかりいただけましたか?
脱毛の技術は高くなり、トラブルも少なくなっていますが、やはり高熱の光を肌に当てるといことは日常ではありえないこと。慎重に対処するに越したことはありません。

また、自分のうっかりした行動で、せっかく施術したのに効果が出ない…なんてことになったらイヤですよね。
脱毛は簡単なことと考えず、必ず5つのポイントをチェックしてからサロンに出かけるよう心がけましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。