自己処理で埋没毛がかなりあるけど脱毛はできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埋没毛が多いけど脱毛できる?

ふと自分の身体を見てみたら、黒いポツポツがあちこちに…ということはありませんか?
その黒いポツポツの多くは、途中で切れた毛が皮膚の中に埋まってしまっている埋没毛です。

埋没毛があると脱毛できないのか…その不安にお答えします。

脱毛できないどころか、埋没毛を解消できる!

実は、埋没毛があっても脱毛することが可能です。
しかも、脱毛することで埋没毛を解消することができるんです!
では、なぜ埋没毛が解消できるのか、そのメカニズムを紹介します。

埋没毛ができる原因は自己処理による肌ダメージ

埋没毛とは、皮膚の中で体毛が発毛・成長してしまい、とぐろを巻いたような状態で埋もれた毛のことです。
毛抜きなどで脱毛した後、ポツポツとした黒ずみのような埋没毛が肌にできてしまった経験はありませんか?

埋没毛は、無理な方法でムダ毛処理をするとできてしまいます。
カミソリや毛抜などで無理にムダ毛を処理すると、毛穴や皮膚が傷ついてしまいます。

すると、この傷ついた皮膚が癒着したり、カサブタになって毛穴をふさぎます。
その後、下から生長した毛はふさがれた皮膚に阻まれ、外に出ることができず肌の中に埋もれてしまうのです。

埋没毛になってしまうと見た目にキレイでないばかりか、肌は自らを守ろうとメラニン色素を分泌するため、色素沈着をおこして黒ずみの原因にもなりかねません。

脱毛は肌ダメージの少ないお手入れだから埋没毛が無くなる

脱毛は数あるお手入れの中でもダメージが少ないです。
埋没毛の原因が解消されることで、肌が再生を繰り返し次第に埋没毛が解消されていきます。

脱毛しなくても試せる!埋没毛の予防法

ムダ毛を引き抜かないこと。
カミソリなどで毛流れに沿って優しく処理した後はローションなどでしっかり保湿をし、肌に負担をかけないこと。
脱毛を自己処理ばかりに頼るのではなく、脱毛サロンやクリニックで無理なく処理すること。

これらに注意して、埋没毛のないキレイなお肌にしていきましょう。

埋没毛になりやすい部位

とくに埋没毛になりやすい部位は、ワキ・Vライン・足の3ヶ所です。
ワキやVラインは皮膚が柔らかいため、シワができやすい部位です。

肌にシワが寄ることで毛の生える方向がバラバラになり、成長した毛が埋没しやすくなります。
また、この2ヶ所の部位は肌同士が触れ合ったり下着をつけることで皮膚がこすれてしまいがち。これも埋没毛を生む原因になります。

足は、ヒザ下が特に埋没毛になりやすいといわれています。これはヒザ下の毛が太くて硬いためです。
太いムダ毛を無理に抜いて途中で切れると、その断面は細い毛よりも大きく、毛穴以外の皮膚に刺さりやすくなります。

そのまま成長すると、外に出られなくなり埋没毛になるのです。
ワキ・Vライン・足の3ヶ所は、薄着や水着になった時、特に気になる部位ですよね。

でも、これらの部位は非常にデリケートで、一歩間違えると埋没毛だらけになる可能性も。
キレイになりたい部位だからこそ、脱毛サロンやクリニックで適切に処理をすることが肝心なのです。

もし埋没毛ができている人は…

すでに埋没毛ができている人は、解消しようと自己処理を続けるのは避けましょう。毛抜きなどでムダ毛を引き抜くことが埋没毛を招く結果になってしまいます。
また、埋没毛を針でつついて出そうとしたり、肌をこすって毛を出す行為は、皮膚をさらに傷つけるばかりか、炎症や色素沈着をもたらしてしまいます。

できるだけ早く脱毛サロンやクリニックに通って、きちんと処理をするのが埋没毛を起こさない一番の近道です。
脱毛サロンや医療クリニックの脱毛は、ムダ毛の黒い色素にだけ作用するフラッシュ脱毛やレーザー脱毛。

肌が傷つくことなくムダ毛を処理し、埋没毛も解消できちゃいます。
なにより、煩わしい自己処理から解放されてキレイに脱毛できるので、つるつるのお肌で思い切り海やプール、温泉などを楽しめるのが最大のメリットかもしれませんね。

埋没毛に悩んでいる人は、一度脱毛サロンやクリニックに行かれてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。