脱毛サロンの支払い方法・種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛サロンの料金システム

脱毛サロンの料金システムをご存知ですか?実は、料金の支払いには2種類のシステムがあります。
それは、1つは「月額制」、もう1つは「回数制」で、それぞれメリット・デメリットがあります。その特徴を知って、自分にはどちらが適しているのかよく考えてみましょう。

月額制

メリット

①まとまった大きなお金は不要!

月額制とは、月々決まった金額を支払っていく料金システム。
この方法は、脱毛料金を一度に支払いたくない方には最適。一度に支払うにはまとまった金額が必要になりますが、月額制は、そういった負担はありません。

それに、毎月一定の金額であれば金銭プランも立てやすく、安心して通えますね。

②好きなタイミングで辞められる

払っている間だけ通う月額制は、お試しで数ヵ月通ってみたい人や、決まった回数を通いきれるか不安な方にピッタリ!自分が納得できるまで通える、自由度の高さが魅力です。

回数制では毛が濃い人は満足できないまま終了してしまったり、逆に薄毛の人は回数に達する前に脱毛が完了してしまうこともあり得ますが、そんな心配もゼロ。
サロンの施術や雰囲気が合わないと感じたら、解約手数料を支払うことなく、すぐに途中でやめられます。
とはいえ、最低契約月数が決まっているサロンもあるので、くれぐれも事前の確認をお忘れなく。

デメリット

通えなかった月でも支払いが発生してしまう

月額制では、サロンに通えなくても料金を支払わなければいけないのが大きなデメリットです。
忙しくて定期的にサロンに通えない方は、損をしてしまいますね。

また、サロンによっては混み合っていて、平日の夕方以降や土日には予約が取りにくい場合もあります。
そう考えると、学生さんなど平日の昼間にも時間に余裕のある方に向いているシステムといえますね。

通う回数が多くなる

月額制の場合は、全身をいくつかの部位に分けて施術していくので、どうしても通う回数は多くなります。でもその半面、施術時間は短く、10分程度で済む場合も。

回数制だと施術時間が長い分、通う回数は少なくてよいので、自分の生活スタイルに合わせてどちらがよいか選びましょう。

月額制には2種類ある?

脱毛サロンには、料金を毎月支払う月額制の他に、分割払いのことを月額制と呼んでいるサロンがあります。
これは、脱毛回数をあらかじめ設定しておき、その費用を12回に分割して支払うもの。分割払いといっても、カードローンのような金利手数料はほとんどかかりません。

通えなかった分を繰り越せるとか、途中で解約すると手数料が発生する可能性がある、というのは回数制と一緒ですが、名称は月額制となっているので注意が必要です。
分割型の月額制タイプは、本当は回数制にしたいけど、まとまったお金がない&ローンを組むのがイヤという方にピッタリ!両方の支払方法のいいとこ取りができてお得です。

回数制

メリット

①サロンに足を運ぶ回数が少なくて済む

回数制は、自分の通いたい回数を選び、その回数によって決まった料金を支払うシステム。
回数制のメリットは、サロンに毎月通う必要がないことです。その分、1回の施術を広範囲に行うサロンが多く、効率的に脱毛できます。

先の予定がなかなか立てられない方や、忙しくてこまめに通うことができない方におすすめです。
中には、通う期間を無期限に設定しているサロンもあるので、妊娠や転勤などライフスタイルが変わっても安心ですね。

②必ず契約した回数分の施術ができる

回数制は必ず契約した回数分を施術できるので、月額制のように「今月は通えない~!」とスケジュール帳片手に悩む心配がありません。
また、他のサロンで既に脱毛経験のある方は毛が生える周期が遅い場合があります。そんな時は、自分の周期に合わせて通える回数制の方が便利です。

③料金が割安でお得

回数制は、通う回数によって割引きをしているサロンが多くて割安なことも大きなメリットです。施術回数が6回程度だとあまり月額制と変わりませんが、12回、18回と回数が多くなればなるほど割引率が高くなります。
じっくり通って、確実に全身をツルツルすべすべにしたい方にはおすすめです。

デメリット

①支払いにはまとまったお金が必要

回数制のデメリットはズバリ!まとまった金額が必要になることです。
一度に全額を支払うわけですから、それだけの貯金がある方、もしくはクレジットカードでのリボ払いなどに抵抗のない方に向いています。

②中途解約したい場合の手続きが大変

回数制は先に全額を支払ってしまうため、中途解約をする時に手数料がかかったり、サロンによっては消化しきれなかった回数分の料金を返金してもらえなかったりする場合があります。

これらはやめる段階になって気づいても、時すでに遅し!契約時にしっかりと内容を確認し、施術内容やサロンの雰囲気もお試し体験などでしっかり確かめてから、自分に合ったサロンを選ぶようにしましょう。

回数制を導入している脱毛サロン

・脱毛ラボ
・エターナルラビリンス
・レイビス
・ミュゼプラチナム
・キレイモ
・銀座カラー
・TBC
・ジェイエステティック
・シースリー
・エピレ
・ディオーネ

料金の支払い方法

①一括払い
②クレジット払い
③都度払い
④後払い

①一括払い

一括払いとは、回数制の施術料金を一度にすべて支払う方法です。
一括払いには、現金払いの方法とクレジットカード払いの方法があります。

一括払いのメリットは、割引きを設けているサロンが多く、お得なところ。また、一度に支払ってしまえば毎月の支払いに頭を悩ませることもありません。
たとえば、旅行や友人の結婚式、引っ越しなど大きな出費がある時でも、全額を支払っていれば余計な心配もなく、安心して通えます。

デメリットは、当然ですがまとまったお金が必要なこと。選択する施術回数が多ければその分高額の料金が必要なので、要注意!
コツコツ貯金したお金がある方や、旦那さんや彼が支払ってくれる…という方にはピッタリの支払い方法ですね。

②クレジット払い

クレジット払いとは、サロンが提携しているクレジットカード会社を通じて料金を支払う方法
メリットは、現金を持ち歩かなくても簡単に支払いができるところ。いちいち銀行に行って、現金をおろす手間がかからなくて便利です。

また、支払い回数が選択できるのも大きなメリット。分割払い、ボーナス一括払い、限度額内であらかじめ決めておいた一定額や一定率の代金を支払うリボ払いなどがあります。自分の状況に応じて選べるので、無理のない支払ができます。

他にも、クレジット払いのメリットとして、カード会社のポイントがつくところも見逃せません。貯まったポイントを商品券や電子マネーに交換したり、マイルを貯めて航空券に換えたりと、還元率のよいものもありお得です。

クレジット払いのデメリットは、3回以上の分割払いとリボ払いにした場合、手数料がかかること。手数料はカード会社によって違いますが、大体8%から18%。その分、一括払いよりも料金が高くなります。

また、分割払いを選択した場合、例えば洋服や家電も一緒に購入すると、その分だけ毎月の支払額が加算されていきます。
リボ払いは、毎月一定の金額を支払う方法。支払い額が増えていくわけではありませんが、毎月何らかの買い物をリボル払いにしているといつまでたっても支払いが終わらず、手数料もかさんでしまいます。

分割払いにする時は、自分がいくらまでなら楽に支払えるか、リボ払いの場合はいつまでに支払いを終えたいのか、よく考えてから選択しましょう。

クレジット払いできる脱毛サロン

脱毛ラボ(Visa・MasterCard・JCBカード)
・エターナルラビリンス(Visa・MasterCard)
・レイビス(Visa・MasterCard・ダイナース・DCカード)
・ミュゼプラチナム(店頭にお問い合わせ)
・キレイモ(利用できないものはない)
・銀座カラー(店頭に問い合わせ)
・TBC(Visa・MasterCard・JCBカード・AMEX)
・ジェイエステティック(Visa・UCカード・DCカード・NICOS・MasterCard・JCBカード・UFJカード・AEONカード等12種類)
・シースリー(Visa・MasterCard)

③都度払い

都度払いとは、自分が脱毛したい部位を好きな時に利用して、その都度かかった料金を支払う方法。サロンには脱毛したい部位によってそれぞれ料金表があり、それに応じて支払いをしていきます。

回数制などのセットプランを契約することはないので、多額の料金を支払いたくない方や、特定の部位だけ脱毛したい方、忙しくて定期的にサロンに通うのが難しい方におすすめです。

都度払いのデメリットは、単発利用なのでセットプランよりも1回分の料金が割高になることです。
数回の利用ならかまいませんが、脱毛していくうちにあっちもこっちもキレイにしたくなった…とどんどん追加すると、結果的に回数制などのプランにした方がよかった、ということになりかねません。

また、定期的に通う必要がない反面、脱毛を終えるまでにとんでもなく時間がかかる可能性も。
そうならないように、サロンの雰囲気や施術を確かめるため数回だけ都度払いを利用し、気に入ったら早めに回数制プランに切り替えるとよいでしょう。

都度払いできる脱毛サロン

・脱毛ラボ
・TBC
・ジェイエステティック

④後払い

後払いは、回数制などを契約した際に料金を支払うのではなく、後日に料金を支払う方法。詳細はサロンによって異なりますが、通常は8ヵ月後に一括で支払う1回払いと、8ヵ月後に半額を支払って残りを12ヵ月後または14ヵ月後に支払う2回払いの2種類があります。

後払いのメリットは、脱毛の施術をしながらお金を貯めることができること。目標もなく貯金をするのが苦手な方や、まだお金が貯まっていないけれど一刻も早く脱毛を開始したい方におすすめです。

デメリットは、先のことはわからないため、契約した全額を本当に貯められるか確実でないこと。期限までにお金が貯まらなくても、クレジットカードの分割払いやリボ払いを選択できますが、相応の手数料が発生することをお忘れなく。

後払いできる脱毛サロン

・エターナルラビリンス
・シースリー

無理のない範囲で通おう!

脱毛サロンの支払い方法についていろいろ紹介してきましたが、すべてのサロンでこれらの支払方法を使えるわけではありません。気になるサロンがあったら、どういう支払い方法を採用しているのか調べるとよいでしょう。

また、無理してローンを組んだり、消費者金融などでお金を借りたりするのは、絶対にNG!あらかじめ予算を決めて、自分の予算内でスムーズな支払いができるサロンを探すようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。