妊娠中でも脱毛できる?母体や赤ちゃんへの影響について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠したら脱毛はダメ?

脱毛サロンにいつものように通っていたら妊娠してしまった!脱毛してもらってから妊娠がわかったのだけど、妊娠中は脱毛してもいいの?と不安に思う人はいませんか?

基本的に多くの脱毛サロンでは、妊娠中の脱毛は行っていません。その理由は後ほどご紹介します。

妊娠してから脱毛をした人の多くが気になるのが胎児への影響です。脱毛することで何か胎児に影響を与えてしまうのでしょうか?その疑問を解決しましょう。

胎児への影響は?

妊娠が発覚したら施術できないサロンがほとんどです。ですが、その理由は胎児に影響を及ぼすからではありません。
サロンで施術をする際に使用される光脱毛の光は、毛根に作用するため肌の表面までしか光は届かず、体内に届くことはありません。

レントゲンのような体内に影響があるものは専門の知識を持った人でないと使用できません。サロンでは取り扱えできません。
脱毛器は家庭用もあるように、体内まで影響しない光が使用されているので、胎児に影響することはありません。

妊娠中の脱毛ができないサロンが多い理由とは?

①ホルモンバランスが変わるため
②肌が敏感になっているため
③ちょっとした刺激で体調を崩す可能性があるため

①ホルモンバランスが変わるため

女性は妊娠をすると、していないときに比べてホルモンバランスが大きく変化します。中でもエストロゲンという女性ホルモンの一種が急激に上昇します。

エストロゲンが増えることで、成長期が長引いて休止期が遅れるという、脱毛をする際に重要な毛周期に狂いが生じてしまいます。特にワキやビキニラインと言った性に関する毛が生える部位は、影響が出やすくなっています。

しかし出産をして妊娠状態が終わると、毛周期も元に戻ります。そのため、妊娠時の毛周期に合わせても意味が無いので、ホルモンバランスが崩れる妊娠期には脱毛を避けることになります。

また、妊娠中は妊娠前より毛が濃くなる可能性があり、その毛は脱毛サロンでの施術でも効果が期待されないので、これも妊娠中に脱毛ができない理由の一つです。

②肌が敏感になっているため

妊娠中は妊娠前に比べて肌が敏感になります。
妊娠をしていないときは何もトラブルが起きずに出来ていた施術も、妊娠したことで肌が敏感になり、肌トラブルを起こしてしまうケースがあります。

妊娠中は母体がどんどん変化しているので、何が起きてもおかしくありません。万が一肌に傷ができてしまったら取り返しのつかないことになるので、妊娠が終わるまではできるだけ肌に刺激を与えないようにしましょう。

また、肌が敏感になっていることで肌トラブルを起こすだけでなく、痛みも感じるようになります。せっかく痛みを感じない施術方法なのに、痛みを感じながら施術を受けるのは嫌ですよね。ですから痛みを感じないためにも、肌が敏感な妊娠中の施術を断るサロンが多いのです。

③ちょっとした刺激で体調を崩す可能性があるため

妊娠中はほんの少しの環境変化でも体調を崩しがちです。普段の身体とは違うので、いつもは平気な施術中の体制も辛く感じてしまいます。施術に時間がかかってしまえば長時間同じ体制が辛くなり、気分も悪くなってしまいます。

妊娠中は身体だけでなく精神的にも不安定なので、少しの負担でもストレスに変わってしまいます。お母さんがストレスを受けることで、胎児にも影響を与えてしまいます。そのため余計なストレスを感じないためにも、妊娠中の脱毛は避けるべきです。

また、サロンで使用している光脱毛は照射が弱いので平気だと思われがちですが、一つ前でもお話したように、妊娠中は母体全体が敏感になっているので、ほんの少しの刺激も大きな刺激になってしまいます。

お母さんが体調を崩してしまっては話にならないので、体調を保つためにも余計な負担をかけないことが一番です。

サロンに通っている時に妊娠してしまったら…

脱毛はかかる期間が長いため、間に何が起こるかわかりませんよね。とくに女性の場合、妊娠する可能性は十分あります。そんな妊娠時の対応はサロンによって様々です。

解約金がかからないようなサロンであれば、通うことが困難だと思ったら解約することができて、残額も戻ってきます。
また、妊娠期間中はお休みすることができるサロンや、パックプランを契約した場合、保証期間を2年延長してくれるサロンがあります。

ほとんどのサロンが妊娠を理由に通えなくなった場合、期間を延長してくれることが多いですが、念のため自分が通うサロンに事前に確認しておきましょう。
ちなみに出産後の脱毛復帰目安は、2回目の生理がきてからと言われています。

妊娠がわかったら早めの相談を!

妊娠中に脱毛してもあまり意味がありません。
意味が無いのに施術を続けていてももったいないので、妊娠が発覚したら早めにサロンに連絡してください。

胎児に影響が無くても母体は敏感になっているので、自分の身体に影響が出る場合もあります。少しの負担がストレスになったり、体調を崩したりしてしまうので妊娠中の脱毛はやめましょう。

対応はサロンによって様々ですが、ほとんどのサロンは妊娠時の対応も備えてあるので、すぐに相談しましょう。できれば脱毛サロンを選ぶ際のカウンセリングで対応を聞いておくことをおススメします。

妊娠はおめでたいことなので、脱毛で残念なことにならないためにも、早めの報告を心掛けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。