全身脱毛した後のお肌のお手入れ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛サロンで施術後に行われるのがアフターケア。
施術後は刺激でお肌が敏感になっていて、乾燥しやすくなっています。

そのため、アフターケアを受けるのですが、サロンだけでなく家に帰ってからもケアをすることで、より効果が期待できます。

全身脱毛後のお手入れに関する2つのポイント

今回は、自宅でのお肌のケア方法を2つご紹介します。
全然難しくはないので、正しいお手入れを実践してツルツルすべすべの素肌を手に入れましょう。

①肌に刺激を与えない

施術後の肌は熱を帯びた状態で、非常にデリケートになっています。
これは、脱毛時に毛根を刺激したために起こる一時的な現象。

この時に大切なのは、肌にさらなる刺激を与えないこと。少しの刺激でも、肌が赤くなったりかゆくなるなどのトラブルにつながる可能性があるので注意しましょう。

特に気をつけたいのは、施術後の運動や入浴。運動や入浴をすると体温が上がって筋肉の緊張がゆるみ、毛細血管が拡張して血行が良くなります。
通常なら特に問題はないのですが、脱毛後のデリケートな肌は、いわば皮膚のバリア機能が低下している状態。
血行が良くなることで、さらに肌の炎症が進み、かゆみが起きやすくなってしまいます。

運動時にかいた汗が刺激になったり、肌が蒸れて炎症を起こすこともあるので、運動は肌がクールダウンするまで避けた方が無難です。
入浴も施術当日は避け、ぬるめの温度で軽くシャワーを浴びる程度にとどめてください。体を洗う時は、強くこすって肌を刺激しないようにしましょう。

また飲酒も同様に、体温が上がって血流が良くなるため、かゆみが起きる原因になることも。こちらも、当日は避けるようにしましょう。

②保湿を必ず行う

施術後の肌は、デリケートで乾燥しやすくなっています。肌が乾燥すると、炎症物質やアレルギー反応を起こすといったトラブル要因が積み重なってしまうため、注意が必要です。

そのまま放っておくと、ちょっとした刺激を受けた時にトラブル要因が一気に肌表面に出てひどい状態に陥ることも。
また、肌が乾燥した状態が続くと、次回の施術の時にかゆみが起きたり、しっかりとした脱毛効果が得られない可能性も出てきます。

これらを防ぐには、保湿が重要。保湿することで皮膚の一番上にある角層に水分を与え、肌のバリア機能をキープすることができます。
低刺激のローションやジェルを選び、優しく塗ることで脱毛後のデリケートな肌をいたわりましょう。

使用するローションやジェルは、サロンで売られているような高価なものでなくてもOK。
リーズナブルなものをたっぷりと使い、保水力のある肌にしてあげること、そして毎日続けることが大事です。

つける時の注意点としては、洗ってからうるおすまでのタイムラグを短くすること。洗って保護膜を流した肌からは水分がどんどん蒸発していくので、洗顔後やお風呂から上がったらすぐに保湿するようにしましょう。

化粧水、乳液、美容液が一つになったオールインワンジェルもあるので、忙しい方や手軽にケアしたい方にもピッタリです。
毎日の保湿ケアをしっかりとして、トラブル知らずのうるつや肌を目指しましょう。

保湿におススメのローション紹介

保湿をする際に使用するローションやジェルは、高価なものを使う必要はありません。ドラックストアなどに売っているもので十分ですが、買う際に注目したいポイントがその成分です。

①抑毛効果のある成分が配合されたローション
まずおすすめなのは、抑毛効果のある成分が配合されたローション。
ここでいう抑毛効果のある成分とは、インフラボンやプラセンタがあげられます。
インフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをし、美白や保湿効果も期待できます。
プラセンタはいわゆる胎盤のこと。胎児を育てるためのものなので、ミネラルやアミノ酸が凝縮されています。
さまざまな効果をあわせもつ優れものの二つの成分。豊富な栄養成分で、肌本来のみずみずしさを保ってくれます。

②天然成分が含まれたローション。
もう一つのおすすめは、天然成分が含まれたローション。自然の力で肌本来のバランスを整えていくと、ちょっとした体調の変化やストレスにも負けない、美しい肌が作られます。
アフリカ諸国に生えるシアの木の種子から採れる植物性油脂のシアバターや、アメリカ・アリゾナ州に自生するホホバの種子から採れるホホバオイルは、共に古くから肌をうるおしたりキズややけどの治療に使用したりした万能薬だったとか。
自然から採れた優しい成分が含まれるローションで、すこやかで理想的な肌状態へと導きましょう。

さらに効果のある使い方として、ローションを冷蔵庫に入れて冷やしてから使えば効果も倍増。ひんやり清涼感が増したローションは、施術後のほてった肌をクールダウンしてくれます。

脱毛中の自己処理について

毛には「成長期」「退行期」「休止期」という三段階の毛周期というサイクルがあります。脱毛ができるのは細胞と毛が繋がっている状態の成長期です。他の期間の毛は処理ができません。

そのため、次に施術を行うまでの間にムダ毛が生えてくることがあります。この毛周期の期間には個人差があり、さらに毛が生えている部位によっても変わります。
ですから、次回の施術までの間に休止期を経たムダ毛が生えてくるのは避けられません。脱毛に時間がかかり、何度も行う必要性があるのはこのためです。

脱毛を始めたばかりの時期は毛の量が多いため、自己処理の必要性が出てきます。
自己処理で注意したいのは、処理の方法。最もしてはいけないのは、毛抜きでの処理です。
毛抜きで抜くと毛穴がブツブツになるチキン肌や、埋没毛を招く原因にもなるので絶対に避けてください。

また、毛を抜くと毛周期のサイクルが乱れて、後々の施術の脱毛効果に影響が出てしまいます。自己処理を行う時は、肌への負担が少ないカミソリを使うのがおすすめです。
しかし、いくら負担が少ないといっても雑な方法ではトラブルが起こりがちなので要注意です。

気をつけたいポイント3つ

自己処理する際に、気をつけたいポイントが3つあります。

まず1つめは、施術の翌日以降の肌が落ち着いた状態になってから行うこと。施術後の敏感な肌に刺激を与えると、赤みやかゆみの原因になるので注意しましょう。

2つめは、毛の流れに沿ってやさしく剃ること。毛流れに逆う逆剃りをしたり、同じ場所を何度も剃ると、カミソリの刃で肌の角質層まで削ってしまい、肌の表面がめくれたり色素沈着などのトラブルが起きやすくなるります。絶対に避けるようにしましょう。

3つめは、剃る前後にローションなどで肌をしっかり保湿すること。剃毛後の肌の乾燥を防ぐだけでなく、キメを整える効果も期待でき、しっとりうるおいのあるお肌を守ってくれます。

3つの注意点、おわかりいただけましたか。
少し手間をかけるだけで剃毛後の肌の美しさが格段に違うので、ぜひ実践してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。