全身脱毛の部位が多いサロンってどこ?部位の違いはあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全身綺麗にしたいなら脱毛部位が多いサロンで!

どうせ脱毛するなら、顔から足の先まで、全身のムダ毛を処理したいという人も多いでしょう。

でも、サロンによって脱毛できる部位が違います。
特に、顔脱毛やVIO脱毛は対象外のサロンもあるので要注意です。

脱毛部位は「契約前」に必ず確認!

自分の希望する部分がプランに含まれていないと、サロンを掛け持ちしなければいけない…なんてことも。
お金も時間もムダになりそうだし、脱毛するサロンは1ヶ所で済ませたいですよね。

そのためには、契約前に施術可能な部位をしっかりと確認することが重要になってくるのです。

部位数の数え方

いざ施術可能な部位が多いサロンを探そうと思っても、数が極端に違っていて戸惑いますよね。
実は、サロンによって部位の数え方が全く違うのです。

たとえば、両膝を数える際に
両膝、両膝上、両膝下
と数えているサロンもあれば、
右膝上、左膝上、右膝、左膝、右膝下、左膝下
など、左右別々または裏表に分けて細かく数えるサロンもあります。

ですから、一見多いと思っても実際にはとても少ないという事態が起こりします。
選ぶ際は数字の大きさに左右されずに、内容に注目して選ぶことが大切です。

こだわり別/「脱毛回数が多い」脱毛サロンランキング

施術可能な部位が多い2サロン紹介

では、施術可能な部位が多いサロンを2つ紹介しましょう。
数え方を統一するために、この記事では

  • 【上半身】両ワキ・両肘上・両肘・両肘下・両手の甲・両手の指・胸・乳輪周り・お腹・へそ周り・背中上・背中下
  • 【下半身】両膝上・両膝・両膝下・両足の甲・両足の指
  • 【その他】腰・ヒップ・VIO・うなじ・顔

を基準の22部位として比較します。価格はすべて税抜きです。

キレイモ

キレイモの全身脱毛は基準よりかなり部位が多く、合計33部位の施術ができます。全身くまなくキレイにしたい!という人にはおすすめのサロンですね。

全身脱毛の種類

全身脱毛の種類は、2種類。月額9,500円のスリムアップ脱毛と月額12,800円のプレミアム美白脱毛で、どちらも含まれる部位は同じです。
この二つの違いは、脱毛施術後に塗るものがローションかクリームかの違いで、それぞれ効果も違ってきます。

◎スリムアップ脱毛 月額9,500円

花しょうがとカフェインが含まれている保湿ローションを使用。
しょうがに含まれているジンゲロンという成分には、血管を拡げ、身体を温めて代謝を上げる効果があります。

カフェインは体内に脂肪を溜め込まないように、エネルギーを熱として放出してくれます。
代謝とエネルギー熱でボディラインをケアしてくれるサロンはまだキレイモだけ!

◎プレミアム美白脱毛 月額12,800円

使用するクリームは、もちろん美白クリーム。
実はこのクリームは厚生労働省が効果を認可したもので、贅沢に全身に使用しているのはキレイモだけです。

このように、脱毛しながらスリムアップや美白の効果があるのが、キレイモの全身脱毛の最大の特徴です。

施術可能な部位

キレイモの全身脱毛の脱毛部位を細かく紹介すると、

  • 【上半身】両ワキ・両肘上・両肘・両肘下・両手の甲・両手の指・胸・乳輪周り・お腹・へそ周り・背中上・背中下・肩
  • 【下半身】両膝上・両膝・両膝下・両足の甲・両足の指
  • 【その他】腰・ヒップ・Vラインサイド・Vライン・Vライン上・Iライン・Oライン・うなじ・おでこ・もみあげ・両ほほ・鼻・鼻下・あご・あご下

33部位の施術が可能と表記されています。
これを基準に当てはめると

  • 【上半身】両ワキ・両肘上・両肘・両肘下・両手の甲・両手の指・胸・乳輪周り・お腹・へそ周り・背中上・背中下
  • 【下半身】両膝上・両膝・両膝下・両足の甲・両足の指
  • 【その他】腰・ヒップ・VIO・うなじ・顔

23部位すべて満たしています。

顔脱毛やVIO脱毛も含まれていますし、顔だけでも7部位、VIOは5部位と細かく分かれているので、全身をくまなく脱毛できます。

他に、 基準の中には無くてキレイモで脱毛できる部位は肩です。案外肩にも産毛が生えているので、キレイモの全身脱毛は本当の意味での全身といえるでしょう。

脱毛ラボ

脱毛ラボの全身脱毛は48部位施術できます。48部位というと数は多いのですが、腰は含まれないので、実際は基準より1部位少なくなります。

全身脱毛をメジャーにしたのは脱毛ラボ!

脱毛ラボは、脱毛業界で1番最初に「月額制」を取り入れたサロンです。月額制だと、今まで一括で払えなくて諦めていた人でも気軽に脱毛にチャレンジできますよね。

月額制があるのは全身脱毛の場合だけですが、それ以外に都度払いや6回パックがあります。都度払いだと気になる部位を1回だけ脱毛することも可能なので、こちらもお手軽です。

また脱毛ラボで使用している機械は、イタリアの世界的医療メーカーが開発した美容用の脱毛機で、脱毛法は痛みを感じないS.S.C脱毛。お肌に負担をかけずに、美しく仕上がるのが特徴です。

施術可能な部位

脱毛ラボの全身脱毛は48部位施術となっていますが、これは左右を分けてそれぞれカウントする数え方です。
左右をまとめた最終的な脱毛部位は、

  • 【上半身】両ワキ・両肩を含む両肘上・両肘下・両胸・左右乳輪周り・お腹・へそ周り上下・背中上・背中下
  • 【下半身】両手の甲と指・両膝上の表裏・膝小僧を含む両膝下の表裏・両足の甲と指
  • 【その他】左右ヒップ・Vライン上・Vライン・Iライン・Oライン・左右うなじ・鼻下・あご周り上下・左右もみあげ

で合計22部位

これを基準に当てはめると

  • 【上半身】両ワキ・両肘上・両肘下・両手の甲・両手の指・胸・乳輪周り・お腹・へそ周り・背中上・背中下・肩
  • 【下半身】両膝上・両膝・両膝下・両足の甲・両足の指・
  • 【その他】ヒップ・VIO・うなじ・顔

21部位となります。

基準よりも腰と肘の部分だけ表記がなく、反対に基準の中には無くて脱毛ラボにあるのは、キレイモと同じく肩になります。

また、顔脱毛は含まれているものの、4部位(もみあげを左右で2つと数える)だけ。キレイモの7部位と比べると少ないので、顔脱毛を重視している人は要注意です。

このように、全身脱毛の施術部位の数はサロンによって様々です。
今回紹介したキレイモや脱毛ラボは顔脱毛やVIO脱毛が含まれていますが、含まれていないサロンも多くあります。

自分のニーズに合ったサロンがベスト!

また、脱毛ラボのように一見脱毛部位が多く見えても、左右をまとめると実は数が少ないサロンもあります。
数が多いサロンはたいてい左右別でカウントされているので、多いからと言って必ずしもお得なわけではありません。

どこが脱毛出来て、どこが脱毛できないのかをきちんと考えて、サロン選びをしましょう。

脱毛する前に、どこを脱毛したいのかはっきりさせ、希望の部位が含まれているかきちんと確認することが大切です。
くれぐれも、パッと見た思い込みだけで契約することは避けるようにしましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。