光脱毛とレーザー脱毛はどっちがいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛には種類がある!

脱毛には種類があることをご存知でしたか?
多くの脱毛サロンで使用している「光脱毛」と医療クリニック等の医療機関で使用している「医療レーザー脱毛」があります。
この「医療レーザー脱毛」は、医師の指導のもとでないと使用できないので、脱毛エステでは光の出力が弱い「光(フラッシュ)脱毛」を使用しています。

このコラムでは、それぞれの脱毛の特徴とメリット・デメリットを紹介します。どちらの脱毛法が自分に合っているのかを考えて脱毛選びをしましょう。

光脱毛と医療レーザー脱毛を紹介

光脱毛とは

多くの脱毛サロンなどで主流になっている光脱毛。フラッシュ脱毛とも呼ばれています。
可視光線という種類の光を照射し、ムダ毛に作用させていきます。黒いものに吸収される光の性質を利用しているので、メラニン色素のみに反応する仕組みになっています。

つまりムダ毛のある肌に照射すると、その部分の黒い毛(メラニン色素)にのみ作用して、毛乳頭まで届いていきます。

毛根まで光が届いたムダ毛は、数日後にスルッと抜け落ちます。毛根は照射されるごとに弱っていき、毛質が細くなりながら、やがてはほとんどムダ毛が目立たなくなっていきます。

黒い毛に反応するので、ムダ毛が長いまま照射すると痛みが強くなってしまいます。ムダ毛がちょっと顔を出している程度がベスト。
最近では当日にシェービングして、ほとんどムダ毛が見えない状態でも反応するとされています。

レーザー脱毛とは

ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーといった医療用レーザーを使った脱毛方法です。
最近では深い毛根に効果的なヤグレーザーなど種類も増えてきました。

光脱毛は幅広い波長の光ですが、こちらは単一の光なので光脱毛と比べると小範囲への照射となります。
黒いものに反応する光を当てて、毛根を弱らせていく仕組み自体は光脱毛と変わりませんが、大きな違いは出力。

レーザー脱毛は光脱毛より強い出力の光を当てるので、脱毛効果が高いぶん痛みも強くなります。
ただし、エステサロンでレーザー脱毛と称している場合は出力は弱くなっています。

出力の高い医療レーザー脱毛は料金も光脱毛より高めになっていますが、短い期間で終了することができるので、トータル的な料金で見るとそれほど差が出ない場合もあります。

目先の金額に囚われずに、自分に合った脱毛方法を選択しましょう。

医療レーザー脱毛は医師しか施術できない!

医療用の機器を使用したレーザー脱毛サービス、つまり「医療レーザー脱毛」に対して2000年に厚生省から指示が出ました。
日本医師会や各都道府県に向けての「医師しか行ってはいけない医療行為」とする通知です。

つまり、医師免許を持っていない人物が医療レーザー脱毛の施術を行えば、医師法違反によって処罰されるということです。
レーザーという強い光を肌に当てるということは、そこでどんなトラブルが起きても不思議ではありません。

きちんと医師免許をもっている、医療に対しての知識がある人物でなければトラブルへの対応ができません。
安全性を考えれば、当然の指示といえますね。

脱毛サロンなどでは医師が常駐しているわけではないので、医療レーザー脱毛を取り扱うことができません。
安全性を重視して、使用していい最高出力が低い基準になっています。

光脱毛のメリット・デメリット

メリット

●肌への負担が少ない
●痛みが少ない
●使用している店舗数が多い

肌への負担が少ない

脱毛をするにあたって、まず1番最初に思い浮かべるのは肌への負担だと思います。
脱毛=乾燥、肌荒れと考えてしまうほど負担がかかる行為です。

ところが光脱毛で使われている器械は、もともとエステなどで美顔目的で使われていた「フォトフェイシャル」などを改良したもの。肌への負担はほとんどなく、美容効果が望めます。

レーザー脱毛では、施術をうけるたびに肌がキレイになる、ということはあまりありませんが、光脱毛なら照射するごとに肌がキレイになっていくので大きなメリットといえるでしょう。

脱毛と美肌を両方同時に手に入れることができるのは、お肌にもいいことではないでしょうか?

痛みが少ない

脱毛サロンで取り扱っている脱毛機器には、照射できる最高出力が定められていて、ヤケドなどのトラブルが起きないように安全性が高く設定されています。

医療レーザー脱毛の場合は、痛みが強すぎて1度の施術で断念した話もよくあるようですが、レーザーよりも出力が弱い光脱毛は当然痛みも少なくなります。
しかもレーザーと違い、広範囲へ一気に照射できるので短い施術時間で終わることができます。

ワキ脱毛など、あっけないほど短時間で終わってしまいます。
痛みに対して恐怖心が強い人なら、光脱毛を選択するべきでしょう。

使用している店舗数が多い

最近の脱毛ブームで、光脱毛を取り扱っている脱毛サロンがどんどん増え続けています。
その数は脱毛を扱っている医療機関とは比べものにならないほどに。

店舗が多ければ、それだけ選択肢が広がっていきます。
まずは気になる料金プラン。回数制や月額制など、自分に合った料金形態を選ぶことができますね。

サロンの雰囲気や、アクセス条件も大事です。脱毛は1度で終わらず、長期間通うことにになるので自分が無理なく続けられる場所を選択しましょう。
そして、営業時間や予約の取りやすさなども忙しいOLさんにとっては見過ごせません。
こういった条件的なものは、光脱毛のサロンのほうが自分に合ったものを見つけやすいといえるでしょう。

デメリット

●ムダ毛が気にならなくなるまで1~2年かかる
●肌の質によっては受けられない可能性がある

ムダ毛が気にならなくなるまで1~2年かかる

脱毛の照射というのは、何度でも好きなだけできるというものではありません。
ムダ毛は成長期のものだけ表面に出ていて、あとは肌内部で眠っています。眠っているムダ毛に照射しても効果がないので、それらが成長期になってからまた照射します。

こういった毛周期というサイクルに合わせての施術のなるので、2~3ヵ月に1度しか照射できません。それ以上のペースで施術してもムダになってしまいます。

レーザーよりも出力が低い光脱毛では、定期的に照射をしたとして1年後に50%、2年後で80%の毛量が減少するといわれています。長期戦になりますね。

肌の質によっては受けられない可能性がある

肌に優しいとされている光脱毛ですが、アトピー肌やアレルギー肌といった肌トラブルを抱えている人は断られる場合があります。
医療機関ではないので、トラブルが起きたときに対処できないことを懸念してのことです。ですが、最近では使用している器械などによって引き受けてくれるサロンもあるので、カウンセリングで相談してみるといいでしょう。

せっかく綺麗になるために脱毛しにきたのに、お肌に問題が起こっては本末転倒です。
引き受けてもらえた場合は、1部分だけをお試しで照射してもらって数日間様子を見るなどの対応をしてもらえると安心です。

注意点として、アトピー肌でステロイドの薬を使っている場合は施術効果が遅くなるので、それを踏まえたうえで長期でも損をしないプランを選択するといいでしょう。

レーザー脱毛のメリット・デメリット

メリット

●広範囲の施術ができる
●確実にムダ毛処理ができる
●痛みに不安なら麻酔可能

広範囲の施術ができる

光脱毛ほどの広範囲を照射できるわけではありませんが、一時期主流だったニードル脱毛と比べれば飛躍的に広い範囲を効果的に脱毛処理できます。
1回の照射時間はわずか0.1秒で、直径1センチ大の照射ができるので短時間での施術が可能です。最近では1.8センチほどの照射ができるマシンも登場しているようです。
レーザーが届く範囲の場所ならどこでも施術可能で、光脱毛よりも確実な脱毛効果を得られるのは大きなメリットといえますね。

確実にムダ毛処理ができる

レーザー脱毛は光脱毛よりも高出力が大きな特徴です。 毛根に直接アプローチできるので、毛周期に合わせて5回ほどの照射をすればほぼムダ毛はなくなってしまいます。

つまり1年かからないということですね。
しかも、1度破壊された毛根からはもうムダ毛が生えてこないので永久脱毛と呼ぶことができます。

光脱毛のほうは、継続的な施術が必要とされる低出力の器械で行われるため、正確には永久脱毛と呼ぶことができません。
短い期間で、確実にムダ毛をなくしたいなら医療レーザー脱毛を選択したほうがいいでしょう。

痛みに不安なら麻酔可能

より確実な脱毛効果があるレーザー脱毛ですが、光脱毛と比較して痛みが強くなります。
痛みに弱い人は不安になると思いますが、痛みを軽減するための麻酔を使うことができます。
こういった麻酔の投薬は、もちろん医療機関でなければできない医療行為ですので脱毛サロンではできない処置です。

麻酔には2つの方法があります。
1つ目は笑気ガスを吸入して痛みを取り除く「笑気麻酔」で、濃度を自由に設定できるので安全性が高いとされています。
2つ目は塗布して肌の感覚を鈍くする「クリーム麻酔」です。
このどちらかの麻酔を選択することになります。

デメリット

●産毛や白髪の場合は効果が薄れる
●日焼けした肌には処理できない

産毛や白髪の場合は効果が薄れる

メラニン色素に反応して毛根にアプローチするので、黒くて濃い毛にはよく反応してくれます。
その反面、産毛や白髪といった皮膚よりも色が薄い毛に対してはどうしても反応しにくく、毛根へのダメージがなかなか届きません。

レーザーを当てていて、バチッという痛みや音がなければ反応していないということになります。
最近では、最新式のダイオードレーザーを使用すれば産毛にも効果があると実証されましたが、やはり他の毛に比べて照射回数は多くなるようです。

日焼けした肌には処理できない

レーザー脱毛は、黒いものに反応する光の性質を利用しています。
そのため肌全体が黒くなっていると、ムダ毛だけでなく肌全体をターゲットとして認識してしまいます。

瞬間的にとても強いパワーを発しているわけですが、そのパワーが肌に伝わってしまうと一瞬でヤケドをしてしまう恐れがありとても危険です。
これは光脱毛にもいえることで、レーザー脱毛ほど出力が高くないにしても日焼けしている肌には効果が見込めません。

日焼けが治るのを待っての施術にするか、継続的に日焼けしてしまう環境にあるならニードル脱毛という選択になります。

あなたに合った脱毛方法を見つけましょう!

ここで紹介した「光脱毛」と「レーザー脱毛」には、それぞれ特徴があります。 「レーザー脱毛」は、エステサロンで使用している出力が弱いものと、医療クリニック等で使用している「医療レーザー脱毛」があります。

それぞれの特徴を捉えた上で、自分にはどの脱毛方法があっているのかを考えてみましょう。実際に体験した人のレビューも参考にすると、よりわかりやすいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。